法人税法の所得の計算

法人税額の計算をするにあたり、会計上の利益から法人税法の所得の計算を行います。

法人税法の所得の計算は「所得=益金−損金」という計算式で求められます。

一方で、会計上の利益の計算は「利益=収益−費用」という計算式で求められます。


さて、法人税法の益金と会計上の収益、法人税法の損金と会計上の費用とをそれぞれ比べると、ほとんどは一致するのですが、一部分ずれが生じます。

そのため、法人税法の所得の計算にあたっては、「所得=益金−損金」という式により益金の額と損金の額を改めて計算し直すのではなく、「所得=会計上の利益±(益金と収益のずれ)±(損金と費用のずれ)」という計算で、会計上の利益に調整を加える形で所得を求めることとされているのです。


法人税とは 他の記事


法人税の基礎知識 リンク

姉妹サイト