法人税法の税率

法人税額の計算をするにあたり、法人税法の所得に税率をかけることにより法人税額の計算を行います。

法人税の税率は原則は30%の一定税率です。

ただし中小企業(資本金1億円以下の企業)については、下記のように税率が一部軽減されています。

ここで、所得金額が800万円を超えた場合には、800万円を超えた部分についてのみ30%の税率が適用されることとなるので注意が必要です。

例えば、中小企業で所得金額が1,500万円の場合には、

800万円×22%+(1,500万円-800万円)×30%=386万円 と計算されます。


法人税とは 他の記事


法人税の基礎知識 リンク

姉妹サイト