過大役員報酬は法人税法上、損金不算入

法人税法上、役員報酬のうち、業務の内容や同業他社の役員報酬水準を勘案して、役員報酬が過大と考えられる部分については損金不算入とされます。

また、定款や株主総会決議で定められた役員報酬の報酬限度額を超過している場合にも、その超過部分については損金不算入とされます。


特に、オーナーの家族を役員にしている場合等で、勤務実態があまりない割りに相対的に高額な役員報酬を支給している場合には、この制度により、損金不算入とされる可能性がありますので、注意が必要です。


法人税の損金不算入 他の記事


法人税の基礎知識 リンク

姉妹サイト